ビジネス

私たちはなぜ働くのか??【仕事】

なぜ働かなければならないのだろうか

私たちはなんのために働くのでしょうか?

入社を控えている私ですが、

今一度働く意味について考える必要があると思っています。

お金のため?家族のため?

それとも・・・?

【結論】やりたいことを実現するため

様々な意見があると思いますが、

私は「自分のやりたいことを実現すること」

が働く理由であると思います。

やりたいことは人それぞれあると思います。

「家族を幸せにしたい」

「老後自由な生活ができるようになりたい」

「世に名を馳せたい」

「困っている人を助けたい」

などなど。

つまり、人は何か成し遂げたい目的があり、

そのために手段として働いているのではないでしょうか。

やりたいことのために働けることが、

最も生きがいを感じられる尊いことではないでしょうか。

やりたいことのために働くには

私がそろそろなるような新入社員や、

社会人数年の人の中に

「私はこれがやりたいから働いているんだ」

と言える人はどれくらいいるでしょうか。

あまりいないのではないかと思います。

目の前の仕事をこなすので精一杯になっているのではないしょうか。

でも、初めはそれでいいと思います。

目の前の「やるべきこと」を着実に達成していけば、

「できること」も増えてきます。

「できること」が増えてくれば、

少しずつ「やりたいこと」も見つかってきて、

それに向かえるようになるのではないでしょうか。

成長の心構え

では、「やりたいこと」にたどり着くために

「できること」を増やさなければいけませんが、

その過程でどのような心構えで成長していけばいいでしょうか。

心構え①:業務後の内省を徹底する

初めのころは目の前のタスクをこなすのに必死だと思います。

でも、そんな中でも日々の業務を振り返る必要があると思います。

何となくこなす仕事に成長はありません。

心構え②:たくさんの人と会う

社会人としての成長は業務を通してだけではありません。

たくさんの人と出会うことで、価値観を広げられると思います。

そして、価値観の広がりが、

また新たな成長に繋がるのではないでしょうか。

心構え③:グローバル人材になる

これからの日本は、よりグローバル化が進行すると言われています。

賃金が安価で優秀な人材がバンバン流入し、

東京が香港に続く国際金融都市になるかもしれない中、

外資企業がバンバン日本へやってくるでしょう。

そうなってくると、

私たちがグローバル人材にならなければ生き残ることはできません。

でも、その際気を付けるべきが、

大事なのは言語力ではないということです。

重要なことは、

グローバル化が進もうが自分がその道のプロであることです。

そして、人間力があり、

「この人と働きたい」と思わせることです。

そうすれば、英語が話せなくても自ずと信頼され

言語力なんてものは後から付いてきます。

【まとめ】

私の意見としては、

人は「やりたいこと」のために働いているということです。

そして、「やりたいこと」を考えられるようになるには

「できること」を増やす、つまり成長が必要です。

成長するための心構えは、

  1. 業務後の内省を徹底する
  2. たくさんの人と会う
  3. グローバル人材になる(その道のプロ&人間力)

です。

私も、入社したら成長し続けられる人になりたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。