ネットワーク

デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違いをわかりやすく説明!

デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違い

ネットワーク、特にOSI基本参照モデル第3層のルータの勉強をしていると出てくるのが、

  • デフォルトゲートウェイ
  • デフォルトルート

似ているようで、違いやそれぞれの役割がわかりにくいですよね。

そこで今回の記事では、デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違いについて、わかりやすく説明していきます。

デフォルトゲートウェイとは

そもそもゲートウェイとは?

ゲートウェイ(Gateway)とは、「出入口」という意味です。

つまり、ネットワークにおけるゲートウェイとは、ネットワークをつなぐための出入口になる機器(役割)を指します。

デフォルトゲートウェイの意味

デフォルトゲートウェイとは、異なるネットワークをつなぐための出入口となるための機器(役割)を指します。

例えば、ルータはデフォルトゲートウェイの役割を果たす機器の一つです。

上記で「機器(役割)」と記載しているように、

  • デフォルトゲートウェイとしての役割を果たす機器の一つにルータがある
  • デフォルトゲートウェイという機器の一つにルータがある

というように、デフォルトゲートウェイは、ネットワークをつなぐ機器そのものを指すこともあれば、その役割を指すこともあります。

そこは、デフォルトゲートウェイという言葉のその場での使われ方次第ですね

デフォルトゲートウェイの使われ方

ここからは、

  • 送信元のネットワークのPCやルータのことを、自PCや自ルータ
  • 宛先のネットワークのPCやルータのことを、宛先PCや宛先ルータ

と呼びます。

PCがパケットを送る際、自PCのルーティングテーブルを参照します。

※ルーティングテーブルとは

PCやルータにおいて、
「このネットワークへのパケットは、この機器のIPアドレスに転送しますよ」
というものがまとめられたテーブルのこと。

ちなみに、Windows PCだと、コマンドプロンプトで"route print"というコマンドを使うとルーティングテーブルを表示できます。

ルーティングテーブル参照の結果、宛先が同じネットワークの場合

自PCは自身のルーティングテーブルに従ってパケットを送信します。

このとき、宛先PCは同じネットワーク内なのでデフォルトゲートウェイは介しません。

ルーティングテーブル参照の結果、宛先が違うネットワークの場合

 一方、自PCと違うネットワークにいる宛先PCに通信するとき、

自PCは自身のルーティングテーブルに記載してあるデフォルトゲートウェイへ転送します。

つまり、

「この宛先PCのIPアドレスはよく知らないから、デフォルトゲートウェイさんあとはお願いいたします!」

という感じで、デフォルトゲートウェイであるルータに投げてしますわけですね。

さらに、自ルータのルーティングテーブルにも宛先PCのIPアドレスの記載がないとき、

自ルータは自身のルーティングに記載しているデフォルトゲートウェイへ転送します。

下図を参考に、自PCからデフォルトゲートウェイを通って、宛先PCにパケットが渡る流れを見ていきましょう。

自PCから宛先PCへのパケット送信

【自PC→自ルータ】
自PCルーティングテーブルには、宛先PCのルーティングテーブルは載っていません。(違うネットワークだから)
そのため、パケットはデフォルトゲートウェイである自ルータに渡されます。

【自ルータ→宛先ルータ】
パケットを受け取った自ルータは、自分のルーティングテーブルを確認してルーティングを行います。
宛先のIPアドレスは違うネットワークなので、自ルータのルーティングテーブルには載っていません。
そのため、パケットはデフォルトゲートウェイである宛先ルータに渡されます。

【宛先ルータ→宛先PC】
パケットを受け取った宛先ルータは、自分のルーティングテーブルを確認してルーティングを行います。
宛先が同じネットワーク内であれば、ルーティングテーブルに載っています。そのルーティングテーブルを参照して、宛先PCにパケットを届けます。

デフォルトルートとは

ここまでデフォルトゲートウェイについて説明しましたが、同じような言葉であるデフォルトルートとはなんでしょうか。

デフォルトルートとは、その名の通りデフォルトゲートウェイまでのルートのことです。

上述しましたが、PCやルータのルーティングテーブルには、デフォルトゲートウェイを記載します。

そのデフォルトゲートウェイへのルートが、まさにデフォルトルートです。

上図でいうと、自PC→自ルータ、自ルータ→宛先ルータの経路のことをデフォルトルートと言います。

ルーティングテーブルにおいて、デフォルトルートは

宛先:0.0.0.0/0 転送先(next hop):デフォルトゲートウェイのIPアドレス

と記載します。

この、0.0.0.0/0というのが、

「ルーティングテーブルに明示的に記載していない宛先、つまり自PCや自ルータが知らない宛先」

という意味です。

このデフォルトルートを使ってデフォルトゲートウェイへパケットを転送してあげることで、違うネットワーク同士でも通信できるようになる、というわけなのです。

【まとめ】デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違い

簡単にですが、今回説明したデフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違いをまとめました。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

デフォルトゲートウェイとは
  • 機器や役割のこと
  • 異なるネットワーク同士の通信をつなぐ
  • デフォルトゲートウェイ=ルータ と思っていい
デフォルトルートとは
  • デフォルトゲートウェイまでのルート
  • ルーティングテーブルにおいて、「宛先:0.0.0.0/0」であるルートのこと