ネットワーク

デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違いをわかりやすく説明!

デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違い

 ネットワーク、特にOSI基本参照モデル第3層のルータの勉強をしていると出てくるのが、「デフォルトゲートウェイ」と「デフォルトルート」という単語。似ているようで、違いやそれぞれの役割がわかりにくいですよね。

 そこで今回の記事では、デフォルトゲートウェイとデフォルトルートの違いについて、わかりやすく説明していきます。

デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイの意味

 デフォルトゲートウェイは、送り元PCやルータに設定するIPアドレスのことです。では、なんのIPアドレスを指すかというと、送り元PCやルータのいるネットワークに一番近いルータのIPアドレスを指します。

 では、何のためにデフォルトゲートウェイを設定するのでしょうか。

デフォルトゲートウェイの使い方

 ここからは、送信元のネットワークのPCやルータのことを自PCや自ルータ、宛先のネットワークのPCやルータのことを宛先PCや宛先ルータと呼びます。

 PCがパケットを送る際、自PCのルーティングテーブル(宛先ネットワーク名と、次にパケットが渡る機器のIPアドレスがまとめられたもの)を参照します。
 宛先が同じネットワーク内の場合、MACアドレスのみで宛先を判断できます。OSI基本参照モデルでいう第2層のL2スイッチなどがMACアドレスを識別し、宛先に届けます。

 しかし、宛先が違うネットワークの場合、MACアドレスでは判断できません。そこで用いるのが、デフォルトゲートウェイです。自PCにデフォルトゲートウェイとして、自ルータのIPアドレスを設定しておきます。

 下図を参考に、自PCからデフォルトゲートウェイを通って、宛先PCにパケットが渡る流れを見ていきましょう。

自PCから宛先PCへのパケット送信

【自PC→自ルータ】
 自PCルーティングテーブルには、宛先PCのルーティングテーブルは載っていません(違うネットワークだから)。そのため、パケットはデフォルトゲートウェイである自ルータに渡されます。

【自ルータ→宛先ルータ】
 パケットを受け取った自ルータは、自分のルーティングテーブルを確認してルーティングを行います。宛先のIPアドレスは違うネットワークなので、自ルータのルーティングテーブルには載っていません。そのため、パケットはデフォルトゲートウェイである宛先ルータに渡されます。

【宛先ルータ→宛先PC】
 パケットを受け取った宛先ルータは、自分のルーティングテーブルを確認してルーティングを行います。宛先が同じネットワーク内であれば、ルーティングテーブルに載っています。そのルーティングテーブルを参照して、宛先PCにパケットを届けます。

デフォルトルートとは

 デフォルトルートとは、デフォルトゲートウェイまでのルートのことです。つまり、デフォルトゲートウェイはネットワークの出入口となるルータを指し、デフォルトルートはそこに至る道のりを指すということになります。

 上図でいうと、自PC→自ルータ、自ルータ→宛先ルータの経路のことをデフォルトルートと言います。

まとめ

 デフォルトゲートウェイ、デフォルトルートともに同じ場面で出てくる言葉です。しかし、意味は違います。

 ITのお勉強をしていると違いが分かりにくい言葉がよくでてきます。そんな時は、その言葉の意味の大枠で考えると区別がつきやすいです。それが機能なのか、役割なのかなどですね。

 この記事が少しでも誰かのお助けになれば幸いです。